バンギラス

last up date : 2014/08/25(Mon)

■ 基礎データ(第二世代のポケモン:全国図鑑No.248)

バンギラス ステータス 種族値 グラフ
HP 100
物理攻撃力 134
物理防御力 110
特殊攻撃力 95
タイプ 特殊防御力 100
岩・悪 素早さ 61
性別比(♀:♂) タマゴグループ 進化
1:1
(0〜7:8〜F)
怪獣
(10240歩)
1進化前: サナギラス Lv.55
2進化前: ヨーギラス (Lv.30)

タイプ相性

ダメージ倍率対象となるタイプ
×4格闘
×2地面・虫・鋼・水・草
×1/2ノーマル・飛行・毒・ゴースト・炎・悪
×1/4-
×0エスパー

特徴解説

「ニンテンドウカップ2000」に出場できるポケモンの中で各ステータスの合計種族値No.1を誇る西の600族、バンギラス。
ただし、東の600族のカイリューと同様、進化するレベルが55であるため、55以外のレベルで使用することができない
また、同じくカイリューと並んで全ポケモン中でNo.1の物理攻撃力を誇るものの、実際の物理火力はそれほど大きくなく、
専用アイテムの「ふといホネ」を装備することで物理攻撃力が通常の2倍に跳ね上がるガラガラに攻撃力で抜かれるほか、
タイプ一致の攻撃技が威力75の「いわなだれ」のため、威力120の「すてみタックル」を覚えるカビゴンにも火力で劣る。

しかし、ガラガラやカビゴンが苦手なナッシー、パルシェン、レベル55の「れいとうビーム」を搭載したポリゴン2に強く、
これらのポケモンに対して有利に戦える技構成を選択しなければ、バンギラスを敢えてエースに添える意味はないだろう。
「いわなだれ」も必須ではないが、あれば、レベル55のサンダーに対面で殴り勝てる貴重な岩ポケモンとして活躍でき、
サンダー&パルシェン(&カビゴン&ハガネール&ムウマ)のような組み合わせなどにうまく刺せることができるほか、
「だいばくはつ」を使用するポケモンに軒並み強く、それらの共倒れ戦術に対して数的有利を取る壁としても活躍できる。

■ 構成サンプル

特殊エース型 (レベル:55)

技1技2技3技4持ち物
かみくだく だいもんじ ばくれつパンチ すなあらし たべのこし
ステータス 実数値 努力レベル 個体値 調整先
HP 226 63 15
(F)
・「たべのこし」の回復量:14
物理攻撃力 203 63 15
(F)
・レベル51の「たべのこし」持ちカビゴンを「ばくれつパンチ」で超高確率で2発で倒せる。
・レベル52のブラッキーを「ばくれつパンチ」で超高確率で2発で倒せる。
物理防御力 177 63 15
(F)
・レベル54の「ふといホネ」を持ったガラガラの「じしん」を2発耐える。
・レベル55のバンギラスの「ばくれつパンチ」を高確率で1発耐える。
・レベル54のハガネールの「じしん」を超高確率で2発耐える。
特殊攻撃力 160 63 15
(F)
・レベル55のハッサムを「だいもんじ」で1発で倒せる。
・レベル55のヘラクロスを「だいもんじ」で超高確率で2発で倒せる。
・レベル55の「たべのこし」を持たせたスターミーを「かみくだく」で2発で倒せる。
・レベル55の「めざめるパワー飛行」を搭載したガラガラを「かみくだく」で超高確率3発で倒せる。
・レベル55のサンダーを「かみくだく」で超高確率で4発で倒せる。
・レベル55のカイリキーを「だいもんじ」で超高確率で4発で倒せる。
・レベル55のカビゴンに45〜54のダメージを与える。
・レベル55のランク-1のカビゴンに68〜81のダメージを与える。
特殊防御力 166
(〃)
・レベル52のスターミーの「なみのり」を超高確率で2発耐える。
・レベル50のナッシーの「ギガドレイン」を超高確率で3発耐える。
・レベル55のファイヤーの「めざめるパワー草」を3発耐える。
・レベル52のライコウの「かみなり」を3発耐える。
・レベル52のライコウの「10まんボルト」を超高確率で4発耐える。
素早さ 123 63 15
(F)
・レベル52の65族(シャワーズ・ブラッキー・ハッサム)に先制できる。
・レベル55の60族(ピクシー・ポリゴン2)に先制できる。
・レベル51の70族(ウツボット・パルシェン・エアームド)と同速。
 2012年以降に注目された砂嵐型のバンギラス。ポケモン第三世代以降のように繰り出した時点で天候を砂嵐にしたり、ポケモン第四世代以降のように砂嵐により岩ポケモンの特殊防御力が1.5倍になったりはしないものの、砂嵐によって最大HPの1/8のダメージを与えられる。最大HPに対するダメージの割合は変わらないものの、レベル55のカビゴンであれば36、レベル50のハピナスであれば45とHPが高いポケモンほどダメージ量は大きくなる。2002年から注目されているオムスターのように砂嵐の効かない地面・岩・鋼ポケモンの苦手とする「なみのり」を搭載すると砂嵐&攻撃技が通り易くなるが、この構成サンプルでは金銀の対戦で特に人気のある鋼ポケモンのハガネールやエアームド、バンギラスがタイプ相性で苦手な草や虫に有効な「だいもんじ」を採用している。また、「かみくだく」はスターミーの突破のほか、命中率100%、最大PP24、20%の確率で相手の特殊防御力を1ランクダウンできるため、相手が「ねむる」や「じこさいせい」などで防戦一方の場合に「かみくだく」連打による追加効果の発動と急所による突破が期待できる。「ばくれつパンチ」はカビゴンやハピナスへの牽制やバンギラスとヘルガーを始めとする悪ポケモンへの打点も確保できる。

物理エース型 (レベル:55)

技1技2技3技4持ち物
いわなだれ
やつあたり
じしん
ばくれつパンチ
れいとうビーム
なみのり
ほえる
いやなおと
ねごと
のろい
ねむる はっかのみ
ピントレンズ
はかいのいでんし
ステータス 実数値 努力レベル 個体値 調整先
HP 226 63 15
(F)
物理攻撃力 203 63 15
(F)
・レベル51の「たべのこし」持ちカビゴンを「ばくれつパンチ」で超高確率で2発で倒せる。
・レベル50のカイリキーを「じしん」で超高確率で3発で倒せる。
・レベル55のカイリキー&ガラガラを「じしん」で4発で倒せる。
物理防御力 177 63 15
(F)
・レベル54の「ふといホネ」を持ったガラガラの「じしん」を2発耐える。
・ランク+1でレベル50のカビゴンの「ばくれつパンチ」を2発耐える。
特殊攻撃力 160 63 15
(F)
・レベル55のハガネールを「なみのり」で2発で倒せる。
・レベル55のガラガラを「れいとうビーム」で高確率で2発で倒せる。
・レベル50の「おうごんのみ」を持った「めざめるパワー草」搭載ナッシー(最大HP189)を「れいとうビーム」で超高確率で2発で倒せる。
特殊防御力 166
(〃)
・レベル52のスイクンの「なみのり」を超高確率で2発耐える。
・レベル55の「じしゃく」を持ったサンダーの「かみなり」を2発耐える。
・快晴時のレベル55のファイヤーの「だいもんじ」を超高確率で3発耐える。
素早さ 123 63 15
(F)
・レベル52の65族(シャワーズ・ブラッキー・ハッサム)に先制できる。
・レベル55の60族(ピクシー・ポリゴン2)に先制できる。
・レベル51の70族(ウツボット・パルシェン・エアームド)と同速。
・ランク-1でレベル50の30族(カビゴン・ハガネール)に先制できる(※PBSのみ。その他は同速)。
 パルシェンよりもスイクンの人気が高かった2002年〜2004年にかけて主流だった物理型のバンギラス。エアームドでは困難を極める「なみのり」以外の特殊攻撃技と「のろい」を搭載したカビゴンを起点にしながら活躍したものの、「のろい」を切って「じしん」と「かみなり」の両方搭載型や「でんじほう」「ばくれつパンチ」を持ったカビゴンの台頭により人気が落ちていった経緯がある。サンプルでは「たべのこし」を採用していないものの、「ねむる」を切って攻撃技の枠を増やしても良いだろう。特に「たべのこし」を持たせる場合は上記の特殊型のように低レベルのスターミーを「なみのり」を2発耐えられる性能を活かしたい。また、攻撃技が「いわなだれ」のみとなる場合は命中率とPPの安定する「めざめるパワー岩」を採用されることもあるが、「たべのこし」の回復量が14から13に落ちることに注意しておきたい

■ 主要な覚えられる技 〜取りうる選択肢を把握しよう!〜

(1)物理攻撃技

技名属性威力命中率PP効果
はかいこうせんノーマル15090%5この技を相手本体に命中させると次のターンのコマンド選択をすることができなくなる。
いわなだれ7590%1030%の確率で相手をひるみ状態にする。
おんがえしノーマル100%20なつき度が高いほど威力が高くなる(威力=なつき度×2÷5)。威力の幅は1〜102。
やつあたりノーマル100%20なつき度が低いほど威力が高くなる(威力=(255-なつき度)×2÷5)。威力の幅は1〜102。
じしん地面100100%10相手が穴を掘る状態のときにダメージが2倍になって命中する
アイアンテール10075%1530%の確率で相手の物理防御力が1ランクダウン。
ばくれつパンチ格闘10050%5100%の確率で相手を混乱状態にする。
めざめるパワー100%15技を使用するポケモンの個体値の組み合わせによってタイプがノーマル以外、威力が31〜70のいずれかに変化する(詳細

(2)特殊攻撃技

技名属性威力命中率PP効果
かみくだく80100%1520%の確率で相手の特殊防御力を1ランクダウン。
だいもんじ12085%510%の確率で相手を火傷状態にする。
かえんほうしゃ95100%1510%の確率で相手を火傷状態にする。
10まんボルト電気95100%1510%の確率で相手を麻痺状態にする。
なみのり95100%15-
れいとうビーム95100%1010%の確率で相手を凍り状態にする。
おいうち40100%20攻撃対象のポケモンを場から引っ込めようとしたとき、ダメージが2倍になり、交代前のポケモンにダメージを与えられる。(※PBSのみ先制の「バトンタッチ」で交代した場合も交代後のポケモンに「おいうち」のダメージが2倍になる)

(3)変化技

技名属性命中率PP効果
▼ 自分が対象 ▼
ねむるエスパー-10体力と麻痺火傷状態を全回復し、目覚めるまでの消費ターンが3の眠り状態になる。
のろい???-10自分の素早さを1ランクダウン、物理攻撃力物理防御力をそれぞれ1ランクアップ。
▼ 相手が対象 ▼
いやなおとノーマル85%40相手の物理防御力を2ランクダウン。
どくどく85%10相手を状態にさせて猛毒状態にする。相手の健康状態(状態異常)に変化が起こらないとき、猛毒状態にさせられない。毒・鋼ポケモンには無効(※猛毒は状態変化)
メロメロノーマル100%15相手をメロメロ状態にする。相手のポケモンが異性でなければ、技が失敗する。
あくむゴースト-15相手を悪夢状態にする。相手のポケモンが眠り状態でなければ、技が失敗する。
ほえるノーマル100%20相手のポケモンを強制的に入れ替える。繰り出されるポケモンはランダム。ただし、後攻で繰り出せないときや相手側に控えのポケモンがいないときは技が失敗する。 【優先度 -1】
▼ 双方が対象 ▼
にほんばれ-55ターンの間、場の天候を快晴にする。
すなあらし-55ターンの間、場の天候を砂嵐にする。ただし、場の天候が既に砂嵐のときは技が失敗する。