フーディン

last up date : 2015/02/14(Sat)

■ 基礎データ(全国図鑑No.065)

フーディン ステータス 種族値 グラフ
HP 55
物理攻撃力 50
物理防御力 45
素早さ 120
タイプ 特殊攻撃力 135
エスパー 特殊防御力
急所発生率
(GB&ポケモンスタジアム)
急所発生率
(ポケモンスタジアム2)
進化
23.4% 19.1% 1進化前: ユンゲラー (通信交換)
2進化前: ケーシィ (Lv.16)

タイプ相性

ダメージ倍率対象となるタイプ
×4-
×2
×1/2格闘・エスパー
×1/4-
×0ゴースト

特徴解説

任天堂公式トーナメントでは使用禁止のミュウツーに次いでエスパーポケモン中No.2の特殊攻撃力素早さを誇るフーディン。
第一世代当時は特殊防御力も高く、「じこさいせい」を覚えるため、《とくしゅ》の高いポケモンの壁として立ちはだかった。
同じく弱点が少なく「タマゴうみ」を覚えるラッキーよりも素早く、物理攻撃力の高いケンタロスに先制できるのが頼もしい。

ポケモン名 HP 物理攻撃力 物理防御力 素早さ 特殊攻撃力 特殊防御力 合計
フーディン 55 50 45 120 135 135 540
スリーパー 85 73 70 67 115 115 525

ミュウツー、ミュウが使用禁止の公式ルールでは使い勝手の良い純粋なエスパーだが、覚えられる攻撃技の種類は多くなく、
エスパーポケモンミラーになった途端に「サイコキネシス」の33%の《とくしゅ》ダウンの追加効果発動合戦が頻出する。
《とくしゅ》ステータスを1ランク下げても2ランク上げてくる「ドわすれ」で抵抗してくるヤドランだけは突破できない。

■ 構成サンプル

高レベル型 (Lv.55)

技1 技2 技3 技4
サイコキネシス どくどく
でんじは
みがわり
かげぶんしん
あなをほる
じこさいせい
ステータス 実数値 努力レベル 個体値 調整先
HP 176 63 15
(F)
物理攻撃力 111 63 15
(F)
・レベル50のサンダースを「あなをほる」で超高確率で2発で倒せる。
物理防御力 105 63 15
(F)
・レベル55のケンタロスの「はかいこうせん」を1発耐える。
・レベル51のゲンガーの「だいばくはつ」を1発耐える。
・レベル55のサンダーの「ドリルくちばし」を2発耐える。
・レベル51のダグトリオの「じしん」を超高確率で2発耐える。
素早さ 188 63 15
(F)
・レベル52の130族(サンダース・プテラ)と同速。
特殊攻撃力 204 63 15
(F)
・レベル50のマルマインを「サイコキネシス」で2発で倒せる。
・レベル51のケンタロスを「サイコキネシス」で2発で倒せる。
・レベル52のパルシェンを「サイコキネシス」で2発で倒せる。
・レベル50のスターミーを「かみなりパンチ」で2発で倒せる。
・レベル50のラプラスを「サイコキネシス」で3発で倒せる。
特殊防御力
(〃)
・レベル55のファイヤーの「だいもんじ」を2発耐える。
・レベル51のラッキーの「ふぶき」を身代わりが1発耐える。
 参加資格のあるポケモンの中でNo.1の特殊火力を誇るフリーザーの「ふぶき」、サンダーの「かみなり」、ファイヤーの「だいもんじ」を2発耐える特殊耐久力と「じこさいせい」を活かして、先制で「どくどく」を仕込み、「じこさいせい」を連打する。身代わりは「ポケモンスタジアム2」より「でんじは」「ねむりごな」を無効にできるが、公式大会当時のGB通信対戦環境でも「どくどく」を無効にしたり、「ふぶき」の追加効果の発生を抑えることができる。また、「ポケモンスタジアム2」の環境であれば、「はかいこうせん」を受けても相手に反動を発生させることができる。なお、HPが4の倍数で先制で身代わりを貼り続けると4回目で自分が瀕死になるので、努力レベルを調整して4の倍数からずらしたい人はずらしても良いだろう。

中レベル型 (Lv.52)

技1 技2 技3 技4
サイコキネシス でんじは
どくどく
リフレクター
かげぶんしん
じこさいせい
ステータス 実数値 努力レベル 個体値 調整先
HP 167 63 15
(F)
物理攻撃力 105 63 15
(F)
物理防御力 100 63 15
(F)
・レベル52のマルマインの「だいばくはつ」を1発耐える。
素早さ 178 63 15
(F)
・レベル55の110族(ゲンガー・ケンタロス)に先制できる。
・レベル53の115族(ペルシアン・スターミー)に先制できる。
特殊攻撃力 193 63 15
(F)
・レベル55のダグトリオを「サイコキネシス」で2発で倒せる。
・レベル55のサンダーを「サイコキネシス」で4発で倒せる。
特殊防御力
(〃)
・レベル55のサンダースの「かみなり」を2発耐える。
 ゲンガーとケンタロスに確実に先制できる中レベル型のフーディン。「リフレクター」を先に貼って「じこさいせい」で粘ることで「のしかかり」→「はかいこうせん」での突破を防ぐ。「のしかかり」の麻痺の保険として「でんじは」も覚えさせておきたい。なお、「ポケモンスタジアム2」以外なら「ふぶき」にも強くなる「かげぶんしん」、「ポケモンスタジアム2」なら「でんじは」や「ねむりごな」を無効にし、「はかいこうせん」の反動を有効にする「みがわり」を採用しても良い。

■ 主要な覚えられる技 〜取りうる選択肢を把握しよう!〜

(1)物理攻撃技

技名属性威力命中率PP効果
はかいこうせんノーマル15090%5100%の確率で次のターンのコマンド選択が不可能になる(※なお、「ポケモンスタジアム2」では技の命中にかかわらず、コマンド選択が不可能になる)
あなをほる地面100100%101ターン目に地中に身を潜め、2ターン目にダメージを与える。
のしかかりノーマル85100%15攻撃対象がノーマルポケモン以外ならば、30%の確率で相手を麻痺させる。
じごくぐるま 格闘8080%25100%の確率で相手に与えたダメージの1/4のダメージを受ける。
▼ 固定ダメージ ▼
ちきゅうなげ格闘100%20自分のレベル分のダメージを与える。ゴーストポケモンにも命中する
カウンター格闘100%20最後に選択された攻撃技のダメージを倍返しにする。ただし、最後に選択された攻撃技が相手側の場合はノーマルと格闘属性の攻撃技のみを対象とする。なお、先攻のポケモンが眠り、暴れるを除くPPの消耗がない行動をとる場合、最後に繰り出された攻撃技のダメージを対象とする(※「ポケモンスタジアム2」では対象とせず、失敗する) ゴーストポケモンにも命中する。【優先度 -1】

(2)特殊攻撃技

技名属性威力命中率PP効果
ゆめくいエスパー100100%15相手が眠り状態のときのみ有効。相手に与えたダメージの1/2のHPを回復する。
サイコキネシスエスパー90100%1033%の確率で相手の特殊能力特殊攻撃力特殊防御力を1ランクダウン。
ほのおのパンチ75100%15攻撃対象が炎ポケモン以外ならば、10%の確率で相手を火傷状態にする。
かみなりパンチ電気75100%15攻撃対象が電気ポケモン以外ならば、10%の確率で相手を麻痺状態にする。
れいとうパンチ75100%15攻撃対象が氷ポケモン以外ならば、10%の確率で相手を凍り状態にする。

(3)変化技

技名属性命中率PP効果
▼ 自分が対象 ▼
じこさいせいノーマル-20自分の最大HPの1/2の体力を回復する。(※GB同士の通信対戦では最大HPと現在HPの差が255か511のときは技が失敗する)
バリアーエスパー-30自分の物理防御力を2ランクアップ。
かげぶんしんノーマル-15自分の回避率を1ランクアップ。
みがわりノーマル-10自分の最大HPの1/4を消費して自分の身代わりを作る。
リフレクターエスパー-20自分をリフレクター状態にする。
ひかりのかべエスパー-30自分を光の壁状態にする。
▼ 相手が対象 ▼
どくどく85%10100%の確率で相手を猛毒状態にする。毒ポケモンには無効。
でんじは電気100%20相手を麻痺状態にする。地面ポケモンには無効。