状態異常

last up date : 2016/08/17(Wed)

■ はじめに

ステータス画面の状態の項目に表示されるものを「状態異常」と呼ばれています。
これらは「さいみんじゅつ」や「でんじは」などの変化技や攻撃技の追加効果、特性の効果などで変化が起こります。
状態異常の種類は「ねむり」「どく」「こおり」「やけど」「まひ」の全5種類。
(※本来は「ひんし」も含むと6種類なのですが、通信対戦では回復できないのでここでは省きます。)

状態異常の予備知識
  • ポケモンを交代しても元には戻らない(回復手段は以下の通り)
    • 「ポケモンスタジアム2」での「くろいきり」

  • 既に状態異常にかかっているポケモンが別の状態異常にかかることはない。
  • (※例外1:「ねむる」を使用した場合は状態異常を回復後即時、眠り状態になる。)
    (※例外2:「はかいこうせん」の反動のターン中は既に状態異常にかかっていても眠り状態のみ上書きされてしまう)

■ 状態一覧

眠り (ねむり)

    効果
    • 1〜7ターン(※「コロシアム2」「ポケモンスタジアム」「ポケモンスタジアム2」の場合は1〜3ターン) の間、
      「たたかう」で技が選べなくなり(※「ポケモンスタジアム」「ポケモンスタジアム2」では技を選べる)、繰り出せなくなる。
      • 「ねむる」で眠り状態になった場合は眠るターン数が2ターン固定。
    • 眠り状態になった時に目覚めるまでのターン数(※目覚めるターン数を含みます)がランダムで決定される。
      目覚めるまでのターン数は技を繰り出す直前に1ターンずつ減っていき、0になると目覚める。
      • ポケモンを交代しても目覚めるまでのターン数は変わらない

    解説
      眠っている間、反撃を不可能にする強力な状態異常として知られる。
      また、任天堂の定めた公式ルールでは2匹以上のポケモンを眠り状態にすることが前作より禁止されており、
      「ポケモンスタジアム」と「ポケモンスタジアム2」では味方の手持ちポケモンが1匹でも眠り状態のとき、
      「あくまのキッス」や「ねむりごな」などの相手からの眠り状態にさせる変化技が必ず失敗するようになる

毒 (どく)

    効果
    • 自分のターン終了時に最大HPの1/16のダメージを受ける。
    • 毒属性のポケモンは毒状態にならない。
      • 技の効果によって属性が変わると毒状態になる。

    解説
      通常の攻撃技と組み合わせて、1ターンに与えるダメージを増幅させることを目的として使われることが多い。
      また、毒は体力回復技を持たせていないポケモンに仕込めば、16ターンの間、相手の攻撃を凌げれば倒せる。

火傷 (やけど)

    効果
    • 毎ターン終了時に最大HPの1/16のダメージを受ける。
    • 現在時の物理攻撃力が1/2倍されるようになる。
      • 自分の技で自分の素早さ能力変化が起こるとき、火傷の物理攻撃力の補正を無視する(※GB・VC版のみ)
      • 相手の技で誰かしらの能力変化が起こるとき、火傷の物理攻撃力の補正が再計算される(※GB・VC版のみ)
      • 物理攻撃力が1/2倍になる隠し効果は「ねむる」によって回復できない(※「ポケモンスタジアム2」では回復可)
    • 炎属性のポケモンは追加効果で火傷状態にならない。
      • 技の効果によって属性が変わると火傷状態になる。

    解説
      状態の上位互換的となる状態異常故に、第二世代までは相手を100%火傷状態にする変化技は存在しないが、
      炎属性の攻撃技でNo.1の威力120の大技「だいもんじ」で30%の確率で相手を火傷状態にすることができる。

凍り (こおり)

    効果
    • 「たたかう」で技が選べなくなり(※「ポケモンスタジアム」では技が選べる)、繰り出せなくなる。
    • 相手から炎属性のの効果を無効化するが、その代わりに凍り状態が回復する。
      • 相手の先攻で炎属性の攻撃技を受けて凍り状態から回復した場合は、後攻で最後に選んだ技を繰り出す。
      • (※最後に選択した技は、正確には最後に黒カーソルで選択した位置にあった技となる。
          なお、その技がPP0であった場合でも強制的に使用され、アンダーフローを起こして現在PP63になる)

        (※凍り状態であっても技を選べる「ポケモンスタジアム」では解けた瞬間に選択した技を繰り出す)
    • 氷属性のポケモンは追加効果で凍り状態にならない。
      • 技の効果によって属性が変わると凍り状態になる。

    解説
      凍っている間、相手から炎属性の攻撃技を受けない限り、反撃を封じる強力な状態異常として知られる。
      氷属性の攻撃技でNo.1の威力120の大技「ふぶき」で30%の確率で相手を凍り状態にすることができるが、
      あまりにも強すぎたため、「ポケモンスタジアム」以降の作品では「ふぶき」で凍る確率が10%に落ちている。

      また、任天堂の定めた公式ルールでは2匹以上のポケモンを凍り状態にすることが禁止されており、
      「ポケモンスタジアム」や「ポケモンスタジアム2」では味方の手持ちポケモンが1匹でも凍り状態のとき、
      「ふぶき」「れいとうビーム」などの相手の繰り出した技の凍り状態にする追加効果の発動確率が0%になる

麻痺 (まひ)

    効果
    • 技を使用する直前で1/4の確率で体が痺れて技が繰り出せなくなる。
    • 現在時の素早さが1/4倍されるようになる。
      • 自分の技で自分の素早さ能力変化が起こるとき、麻痺の素早さの補正を無視する(※GB・VC版のみ)
      • 相手の技で誰かしらの能力変化が起こるとき、麻痺の素早さの補正が再計算される(※GB・VC版のみ)
      • 素早さが1/4倍になる隠し効果は「ねむる」によって回復できない(※「ポケモンスタジアム2」では回復可)

    解説
      能力変化で言う所の素早さランク-6にし、1/4の確率でそのターン行動不能にしてしまう超強力な状態変化。
      状態変化とは異なり、交代しても残るため、素早さの遅いポケモンのサポートとして使うのは勿論だが、
      痺れて動けないことを期待して、混乱にさせる変化技やひるみの追加効果のある技を組ませることで、
      相手の反撃を封じることに徹底したストップコンボで攻めるなどの使われ方をされることもある。