このサイトについて

last up date : 2016/08/24(Wed)

■ このサイトについて

当サイト『POKeMON Battle HiSTORiA (ポケモンバトルヒストリア)』は、任天堂より発売中のゲームソフト、
GB版『ポケットモンスター』と『ポケモンスタジアム』シリーズの対戦文化発展の歴史を考察するサイトです。
(※爆発的なポケモンブームの渦中にあった第一世代「赤・緑・青・ピカチュウ」と第二世代「金・銀・クリスタル」の二作品の対戦考察をメインとしています)
なお、あくまでゴールドが管理・運営する個人ファンサイトであり、任天堂やポケモン関連各社とは一切関係ありません。


■ 管理者について

このサイトはゴールドによって管理されています。対戦はGB版のみですが、ポケモンの本編自体は全作品購入しています。
温故知新」の精神を大切に、分かりづらい造語は極力多用せず、初心者に丁寧、簡潔かつ分かりやすくを目指しています。
西暦簡単な自分ポケモン史
19974月1日放送のアニメ第1話をたまたま見て『ポケモン』が好きになる。
誕生日(山の日) に「ポケットモンスター赤」をプレゼントで買ってもらう。
64マリオスタジアムの対戦コーナーに友達とハガキを送るも落選する。
199964マリオスタジアムのポケモンとスマブラの対戦コーナーに友達とハガキを送るも落選する。
第3回ポケモンリーグ任天堂公式トーナメントに応募するも落選。
2000 『ポケモンだいすきクラブ(※Nya氏管理の個人サイト)』の金銀掲示板でオンラインでの交流をはじめる。
幻のポケモン「セレビィ」の10万人プレゼントに当選。
第4回ポケモンリーグ任天堂公式トーナメントに応募するも落選。
2001 当サイトの前身であるポケモン対戦考察サイト『ポケモンバトルビクトリーロード』を立ち上げる。
DJ雑草氏主催の「DJ雑草ローカリストバトラーズ」でポケモンオフ会デビュー。
金銀のオンライン対戦が行われていたサイト『ジムリーダーの城』を新たな活動拠点とする。
2002 セキエイジム』のしゃわ氏にポケモンを習い、氏とともに「役割理論」を世に広めることになる。
ジムリーダーの城』の代表のHidakaさんより依頼され、非公式大会「キャッスルカップ2002」の協賛サイトになる。
2003 ジムリーダーの城』のスタッフ「PBSmembers」のModeratorに就任。
幻のポケモン「ジラーチ」の1万人プレゼントに当選。
2004 2年の時を経て開催された公式ルールとそれまでの株式会社ポケモンのビジネス展開に立腹し、実機現役を辞める。
その裏で『ジムリーダーの城』の金銀非公式大会「ビクトリーカップ2004」を主催する。参加者は178名で歴代最多。
この頃よりしゃわ氏に代わって全国大会出場者ベスト4の妹を持つHidaka氏にポケモンを師事。
2009 金銀発売10周年で『ジムリーダーの城』の非公式大会「ビクトリーカップ2009 - Revival -」を主催する。
HGSS発売と乱数調整の発見、バトレボ対戦動画投稿の流行を受けてBW発売まで一時的にランダム対戦で現役復帰。
2010 BW発売で「ポケモンスタジアム」系統の作品が今後出なくなったことを察して実機現役を辞める。
2013 HidakaさんとXYでWi-Fiのランダム対戦で一時的に現役復帰。
2014 ジムリーダーの城』の非公式大会「ビクトリーカップ2014 - FiNAL -」を主催し、金銀対戦に満足する。
2015 現在の『ポケモンバトルヒストリア』にサイト名を変更。初代の対戦考察も本格的にはじめる。
2016 初代VCオフの交渉中成り行きであんぐらオフや真皇杯をはじめとするオフ会のスタッフを経験。
ぽけもん*あんだ_ぐらうんど』と共同開催で初代VCオフ「ヒストリアカップ2016*Resurrection!」を開催。
当サイトに関するお問い合わせは、メールで nintendocup2000@gmail.com(@は半角英数字)までお願いします。


■ リンク・転載・引用について

(http://pokemon.s20.xrea.com/link_historia.png)
  • 当サイト内へのリンクは画像ファイルを除いて構いませんが、予告なくURLが変更になる場合があります。
  • 当サイトのコンテンツの無断転載は禁止です。引用の場合は引用元のURLまでリンクを貼るようにお願いします。
  • 相互リンクは受け付けておりません。